リヒテンシュタイン侯国国名について

「リヒテンシュタイン侯国」と表記して下さい!

 日本リヒテンシュタイン協会

「リヒテンシュタイン」の国名表記について、当協会としての見解は次の通りです。

リヒテンシュタインの正式国名は、同国の公用語であるドイツ語では「侯爵」(Fuerst)の治める国、即ち「Fuerstentum Liechtenstein」とされており、日本語では「リヒテンシュタイン侯国」と表記することが、その歴史的背景、その政治的形態に最もふさわしい表記と考えられます。

ヨーロッパの歴史の中で、「ロイヤル・ファミリー」を有する国の名称は、後述するように各々厳格な名称が定められており、それを勝手に逸脱することは許されません。かつて新聞社の使用する漢字コードの中にこの侯国の「侯」の字がなく、当て字的に「公国」と記述され、日本で出版されるものの中に、現在でも同国を「リヒテンシュタイン公国」と記述するケースが後をたちませんが、ドイツ語で「公国」は「Herzog」となり、「侯国」(Fuerstentum)よりランクが上に位置しており、「リヒテンシュタイン侯国」を「リヒテンシュタイン公国」と記述することは、国名を正しく呼ばないことになります。

近年、外国の国名・人名などできる限り現地の言葉に近い表現をという傾向もあり、今後「リヒテンシュタイン」について書かれる場合、「リヒテンシュタイン侯国」と表記されるようお願い致します。(なお「侯」と「候」をお間違えにならないようにして下さい。)

ちなみにこうした国のランクは上から順に

皇帝(Kaiser:カイザー)

王(Koenig:ケーニッヒ)

大公(Erzherzog:エルツヘアツォーク)

公(Herzog:ヘアツォーク)

侯(Fuerst:フュルスト)

以下、方伯(Landgraf:ラントグラーフ)、伯(Graf:グラーフ)

という順になり、ヨーロッパならモナコ、ルクセンブルグは「大公国」ですが、リヒテンシュタインを「大公国」、或いはモナコを「公国」と称するのは間違いであり、誤解を生むことになります。今後は十分ご配慮下さるようお願い致します。