叙勲時の写真・記事紹介

日本とリヒテンシュタイン侯国との友好・親善に尽くした功で、2011年1月11日、ハンス・アーダムⅡ世侯より、当協会名誉会長植田信行へ、功労十字勲章(Komturkreuz)が授与されました。同国から日本人への初叙勲でした。

Ordensverleihung an Nobuyuki Ueda, Ehrenpräsident der Gesellsch

新聞は1月12日付の「ファーターラント紙」が7面、「フォルクスブラット紙」が4面で報道。2紙共にほぼ同じ内容でおそらく侯爵家が発表した内容をそのまま掲載したものと考えられる。以下は記事内容の要約。

「勲章を授与」

昨日(1月11日)ハンス・アーダムⅡ世侯はファドゥーツ城で、植田信行の勲章親授式を行った。植田信行へはリヒテンシュタイン侯国功労十字勲章を授与。彼は長年、日本リヒテンシュタイン協会の会長だったが、両国間の貴重な大使役を務めてきた。日本リヒテンシュタイン協会は彼の活動に対し、2010年に名誉会長に推挙している。写真左よりマリー侯妃、植田信行、ハンス・アーダムⅡ世侯の順

http://www.vaterland.li/index.cfm?ressort=liechtenstein&source=lv&id=11978